ブログトップ

tukuru

kshandmade.exblog.jp

とある時間

何年も前に見たポスターのコピーに「ぼんやりじょうず」という言葉がありました。確かあれはたばこの広告だったような。
何気に見た言葉がどこか頭の隅っこに残っていたのか、病院の待合室にいる時にふと浮かんできました。
何かを、誰かを、待っている時、思わぬ空いてしまったその時間を楽しむ。そんなことがなかなかできない。時間が余っているとわざわざ用事を作ったり、それならと後回しにした家事をこなして終わったり。ぼんやりと時間を過ごすことは悪いような、とても贅沢なように思えるのです。

さて話変わって、馬喰横山にある横尾香央留さんの「お直しとか」展を見に「FOIL GALLERY」へ行って来ました。昨年だったかある雑誌の掲載記事で横尾さんのことを知りました。その雑誌に載っていた作品に穴の開いたマフラーを修繕したものがあり、小さなほころびには刺繍、少し大きな穴からは犬が飛び出していました。
この記事を読んで修繕するならこんな風に楽しいといいな、と思ったのですが、私は針仕事はどうも苦手。嫌いではないのですが。
実際に見た刺繍は、針と糸でできているのが信じられない驚くほど細かく美しいもの。今回ギャラリーにあったのも刺繍、ニット作品や今までお直しされた素敵な作品などがたくさんあります。
欠けてしまった大切な茶碗にする金ツギのような、新しいものに生まれ変わるようなそんな数々の作品たち。
会期中は横尾さんご本人もいらっしゃいます。
平日は急須を会場にお持ち込みするとふたのカバーを編んでいただけるそう(詳細はギャラリーサイトをご覧下さい)。

f0221132_1114098.jpg


5月30日(月)12:00−19:00までです(日曜休)。
同じフロアにある馬喰町ART+EATでランチもできます(現在はガラス作品展示中)。

美術館は入館料がかかりますが、ギャラリーは無料。時間さえあれば何度でも好きなだけ足を運べます。アートマップがあればあらかじめ調べてまとめて回ることも可能です。
ふと空いた時間にアート散歩はいかがでしょう。
f0221132_11151278.jpg


f0221132_1153473.jpg


写真はギャラリー近くにあるもと喫茶店。なんだかレトロな感じが毎回気になっているのです。
[PR]
# by kayos_handmade | 2011-05-26 11:23 | 現代アート

好きなこと・もの

f0221132_15342964.jpg

f0221132_15342929.jpg

今日は私にしては珍しく、早い時間に出て午前中に人に会う約束がありました。
打ち合わせなどを済ませると昼を回っています。
乗換駅や時間を調べながら、以前気になっていたベーカリーカフェを思い出し行くことに。地図を見ると、乗り換えの九段下からはおそらく5分ほどです。駅から歩くことにしました。靖国神社を通り抜け、靖国神社南門の交差点を渡ると目の前にありました。
お店は昼時ということもあり、レジもテーブルも混み始めていましたが、パンを選んでいると思ったより早く席につけました。オーソドックスなパンとスープ、サラダのセットを注文。パンは癖が無くてわりとあっさり。サラダにはクスクスと豆苗かな?スープは季節もののグリーンピースでした。

たまにはこんな昼もいいなぁと一息ついた時間なのでした。
持ち帰りしたパンについてはまた次回。
Factory
[PR]
# by kayos_handmade | 2011-05-17 15:34 | たべもの

タグ作り

先日、友人からタグ制作の依頼を受けました。
パン教室で使用する袋用にとのことです。
本人のシンボルマーク、ミントの葉をレイアウトに入れてあとはお任せとのこと。
早速色々なタグを探しに行ったり、素材の本などを見てみると世の中には素敵なデザインがたくさん。
100枚のタグを印刷から断裁など工程の全部が自分で手作業するということもあり、なるべく複雑にはせず、かといって何処にでもあるようなものではなく、と考えると難しいものです。
そして使う人にとって使いやすいかどうかや、追加になったときに材料が揃いにくいというのも困る。そこで、紙質を少しこだわってみることにしました。

今回試作で用いたのが、竹尾という紙メーカーのインクジェット専用紙です。紙はこちらのサイトPCM竹尾でどなたでも直接web購入できます。
電話で紙の質感などを問い合わせたところ、担当の方はこちらの分かりにくい質問にも丁寧に答えて頂いた上に、サンプルも快く送っていただきました。
f0221132_1138320.jpg
f0221132_11391682.jpg
f0221132_11414638.jpg

用意した紙やパンチ、「かどまるくん」などの道具を使ってサンプルがいくつか出来上がり。
シールタイプとぶら下がるタグの2種類を制作することに。
注文の100枚は手作業することになりますが、うちは制作・印刷・加工全てが自家製?なのでそれはそれで愉しいものです。

f0221132_1140349.jpg
f0221132_1141533.jpg


紙は前述の竹尾「リネン白」、ラベルを下げるのは、エスタイというお菓子の袋をねじって留める針金入のものです。
納品は今週を予定。がんばらなくては!
[PR]
# by kayos_handmade | 2011-05-09 11:43 | しごと

ひさしぶりに

f0221132_1047357.jpg
今日で3月も終わります。
今月は本当に色々なことがありました。
あり過ぎてここに書き綴ることができずにいました。何も手につかず集中もできず。いや、怠っていたのかも。人が一生懸命作り出したものが瞬く間に破壊されてしまう。その自然の前に無力な自分はただ、いじけていたのかもしれません。
私がやるべきこと、それは創ること。それは巨大エネルギーを直接供給するようなことではなく、誰かの心にちいさな灯りがともるような、そんなこと。

来週火曜から仙川にあるniwa-coyaさんで一筆箋、ひとこと箋を置いていただくことになりました。
ちょっとでも被災地の役に立てば、と考えています。
お近くへお越しの際は是非お寄りください。

「東北関東大震災被災地応援企画」
4月5日(火)より24日(日)まで
niwa-coya

京王線:仙川駅より徒歩7分、P有
[PR]
# by kayos_handmade | 2011-03-31 10:48 | illustration

種をつなぐもの

f0221132_118871.jpg

毎週お届けがある食材の宅配で、べにや長谷川商店
「北海道の在来種 豆のお楽しみセット」が届きました。

私が豆好きなせいか、時々夕飯におやつにと我が家では大活躍。
おばあちゃんが作ってくれた甘い甘い煮豆を思い出しては水で戻して茹でます。
以前は手間がかかると思っていたのですが一晩水につけて翌日仕事をしながらことこと煮る。そんな合間にできるものだとわかってからは、パンダ豆、金時、てぼいんげん豆などその時々に頂いたり買ったりしたお豆を使うようになりました。
実家でよく食べていたのは白あずきとよんでいたあずき豆ですが、通常白あんに使われるのはささげ豆という同じささげ属のあずきよりちょっと大き目の豆なのだとか。
白あずきは煮ると崩れてとろりとして美味しいです。

今回届いたのは写真上から順に「紅しぼり」「鞍掛豆」「貝豆」の3種類。
寒い北海道ではお米がなかなか育たず、豆は貴重な農作物であったそうです。収穫量も少なく、手作業で扱う在来種の豆は手間がかかり大変ですが、生産者のみなさんは名前の由来や食べ方など郷土の食文化を守り伝えるため大切に育て後世に伝えてきたそうです。
取り扱う豆の説明書きには「ビルマ豆」「天ぷら豆」など知らない豆がたくさん紹介されていました。
べにや長谷川商店では豆レシピ本も出されているようです。

大切に人の手でひとつひとつ大切に育てられた食材。
今はそういうものを手にし、食べることは実は贅沢なことかもしれません。
春がそろそろそこまで来ていますが、季節を感じずに煮豆はいつ食べても美味しい!
[PR]
# by kayos_handmade | 2011-02-24 11:37 | たべもの