「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
ブログトップ

tukuru

kshandmade.exblog.jp

未だ見ぬ長編大作

いつの頃からか、時間が細切れになりまとまって集中する時間
というものがここ数年取れないままでいました。
短編小説どころか長編大作なんてもってのほか。
どうしてこんなに時間がなくなってしまったのだろう?とふと考えてみると
なんのことはない、自分から率先して時間を作っていないのだ、ということに気づきました。

人は予定を立て、時間軸を細分化し、配分し、やるべきことややりたいことを人生の中で
上手やりくりしているように見えます。
しかし、どんな人でもやはり時間を苦労して工夫した上で作っている。
私自身は時間の使い方がとても下手で、一日の終わりにはへとへとです。
それでも、次の朝には家族のために、自分のためにあれこれやりたいことを
考えます。やれないこともほとんどですが。

早朝に起きることが多くなった近頃、まだ暗い部屋で本を手に取るように
なりました。
ガスのスイッチを入れ、お湯を沸かしてその間に短編を1つ。
以前も読んだものだったり、ネットで買ったり。
お茶を入れてゆったりとソファに寝転がり本を読む時間が
今は自分だけのもの。

この冬こそは、長の夢だった「河合隼雄」を全集で
読めると良いのですが。
いえ、読む時間を作らなくてはね。

f0221132_23595978.jpg
[PR]
# by kayos_handmade | 2014-05-23 00:01 | 読み物

あけましておめでとうございます

f0221132_119255.jpg
しばらくの間、お休みしていたブログ。
今年は少しずつ再開して、自分自身の考えをまとめていきたいと思っています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年明け、ふと思い立って、都心のホテルへ。たまたま空きがあり泊まってきました。
高層階からの眺めはさることながら、お部屋も53平米と広めでゆったりしていました。
眼下には意外にも小学校と家々、マンションが建ち並んでいます。
私にとって、六本木と言えば飲食店や遊び場のイメージでしたが、こんな都心にも暮らしがあるんだと不思議な気持ちでした。
元旦の日経の広告に「家はアルバムである」という大手ハウスメーカーのコピーがありました。

どんな街にも家(集合住宅も含めて)があり、そこには人がいる。
人が街をつくり、都市をつくり、世界をつくっている。
私も子供もそのうちの小さな一人です。満天の星々と同じように、私たちも一つの星のようです。
名も無き星ですが、今年も自分らしく生きて行こうと思っています。
[PR]
# by kayos_handmade | 2013-01-04 11:11 | 現代アート

横浜美術館へ。

f0221132_10272197.jpg
先日の連休に、横浜美術館で行われている「奈良美智:君や僕にちょっと似ている」を観てきました。
予想通りの混雑具合でしたが、まあ、早朝から行ったおかげかそれでもゆるゆる観る事ができました。

作品は全部で100点余り。今まで、奈良さんのtwitterから制作の段階を時折見ながらだったので、これがあの作品だろうかと一人思いながら一つ一つを観てまわりました。
前回の2001年の横浜での展示から随分遠い所へ来たように思います。彼自身の作品も色々なことがあり、変化をしていました(と私は感じました)。

彼自身が言うように、作品は作品の「個」として独立したものであり、作家本人でもない、、まして私たちを表してもいない。しかし、どこかに自分や自分の子供、見知らぬ他人を感じるものがあるとしたら、それは人間の本能なのではないだろうか。異物に対しては違和感を持ち、自分に近いモノには好感を持つ。
音楽も同じように思うのです。
自分を投影し、あたかも自分自身がその歌詞の登場人物になってもそれは単なる歌であり、自分の人生ではない。でも、その作家の体験や背景が持つ力のようなものの反映した音楽が、自分の何かと重なり、それを糧にすることもできる。
だからこそ人は音楽を聴き、美術作品を観る。
そんな素晴らしいものたちが何十年も何百年も残っていく。
芸術にはそんな力があるのだと思うのです。

★開催はあとわずかですが。
「奈良美智:君や僕にちょっと似ている」

会期:2012年7月14日(土)-9月23日(日)
会場:横浜美術館
休館日: 木曜日
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
アクセス:みなとみらい線(東急東横線直通)「みなとみらい駅」5番出口から徒歩5分。
JR線・横浜市営地下鉄線「桜木町駅」から「動く歩道」を利用、徒歩10分。

※会期終了間近のため混雑も予想されます。チケット売り場なども並んでいました。
セブンイレブンやヒカリエでもチケットは販売されているそうなので、事前購入がお勧めです。
[PR]
# by kayos_handmade | 2012-09-19 10:27 | 現代アート

谷川俊太郎とクレーと私

またもやお久しぶりの更新です。

先日、持病が再発してからぼんやりする時間は増えましたが、何もしないことが一番の治療法と医師に言われ、本当にその通りにしていたらあっという間に秋になってきたようです。
今朝ほどもカナ、カナ、カナ、とひぐらしが鳴いていました。

さて、先日、宅配サービスのカタログに書籍紹介があり、「クレーの絵本」谷川俊太郎という書物が紹介されておりました。絵本、とあったしクレーも谷川俊太郎も好きな私としては、子供用にとさっそく注文したのですが、実際に本を手にしてみると、詩はあるていど4歳児にもわかるものもあるようですが大人向けだったかもしれません。
それでも夜寝る前にページを開き、絵を一つ一つ見ながら「これはなんの形だろうね」「お顔みたいなお魚みたいな形だね」などと二人で話して寝ました。
一人の時にあとがきを読んだのですが、谷川さんがクレーの絵は魂で感じる(観る)というように書かれています。確かに何かに当てはめたり、何だろうと理解したりすることは難しく、ただ眺めてそれを自分自身の魂が感じ取るのではないだろうか。

抽象絵画では時に理解し難いと一口に言われがちですが、心の目で観ると、そう遠いものではないように思ういます。
私はクレーの絵も谷川さんの詩も大好きです。頭で言葉で理解しようとすると混乱します。
しかし、イメージを浮かべてその絵の、言葉の持つ何かを感じ取る、導かれてどこかへ行く。
それが芸術鑑賞というものではないかと思うのです。
[PR]
# by kayos_handmade | 2012-09-08 07:58 | 現代アート

遠く、遠く。

f0221132_1517767.jpg

f0221132_1517888.jpg

夏になると、暑さで足を運ぶ人たちがぐんと減るのか、展覧会もそう多くは開催されていなかったように思うのですが、先日、近くの市立美術館で開催中の展覧会ポスターを見る機会がありました。
首都圏では

★イタリア・ボローニャ国際絵本原画展
板橋区立美術館で8月12日まで

★奈良美智展 「君や僕にちょっと似ている」
横浜美術館で9月23日まで
その後は巡回で10月青森県立美術館へ

★テマ・ヒマ展 東北の食と住
21_21 DESIGN SIGHT(ミッドタウン・ガーデン)
8月26日(日) まで
11:00〜20:00(入場は19:30まで)
http://www.2121designsight.jp

けっこうよい展覧会がありました。
機会があれば1つ2つ見に行きたいです。

ギャラリー巡りはちょっと厳しいですが、
ひんやりと心地好い空調の美術館で過ごすのも
この時期、真夏ならではの避暑の仕方かもしれないですね。

久しぶりのブログ更新となりました。
これからも時々、更新したいと思っています。
それではよい夏休みを。
[PR]
# by kayos_handmade | 2012-08-03 15:17